FC2ブログ

くじら岩のつぶやき

主に登山、クライミング、トレイルラン、山道具の自作などについて書かせていただいています。なにかの役に立っていただければ幸いです。youtubeはこちら https://www.youtube.com/channel/UCr5OmTs-MGMhtJKeINDXjAA

patagonia down sweaterを買い替え

パタゴニアのdown sweaterは特にお気に入りの装備のひとつです。
非常に軽く、厚すぎず薄すぎずレイヤリングもしやすい、
収納もコンパクト、防風もかねているため、
7年くらい前から4シーズン年間通して登山で使用してきました。
春、秋、冬はもちろんのこと、
夏でも3000m級での山行休憩時や
冷え込む明け方に大活躍の防寒着です!
(主にレインジャケットの中にインナーとして使用しています。)

しかし、
所々穴が開いてしまいダウンが抜け
保温力も落ちてきました。

来年には消費税がアップしそうなこともあり
買い替えるなら今かなと思い、購入しました。
(とは言え勿体ないので、旧モデルもまだまだ直しつつ、
岩場などで使っていくつもりです。)


IMG_1418_.jpg

patagonia down sweater 2015年 秋冬モデル
フィルパワー:800
収納:ポケット
フィット感:レギュラーフィット(細身すぎず大きすぎない適度なフィット)
撥水性:DWR(耐久性撥水)加工により雪を弾く
重量:357g(カタログ表記は371g)
サイズ:M(身長178cm、体重59kgで少しゆったりとした感じです。)
色:underwater bule
IMG_1451.jpg
内ポケットに収納する事ができます。収納した時のサイズは26×19×8cmくらい


ちなみにこちらは2008年頃から使っているモデル。(販売年不明)

IMG_1413_.jpg
まだまだ現役で行けますが、袖口がボロボロ。

【以前のモデルとの比較】
旧モデルと比べてみるとほぼほぼ同じ形ですが、
ファスナーが変更されていました。

●ファスナーがコイルからビスロンへ
IMG_1434_.jpg
2015年モデルのフロント部分:ビスロンファスナー

IMG_1437.jpg
旧モデルのフロント部分:コイルファスナー
(スライダー部分は樹脂が取れてしまったので紐をつけています。)

IMG_1422_.jpg
ポケット部分もビスロンに変更(左:2015年モデル。右:旧モデル。)
ポケットの入り口のサイズが少し広くなってますね。

フロントと外ポケットのファスナーが
ビスロンファスナーになっていますね。
こちらは以前、お店で理由を聞きました。
リペアのしやすさ、ファスナー強化のためビスロンになったとのことです。

さらにビスロンファスナーについてネットで調べてみると
モンベルの「山岳用テントの選び方」のページで
「コイルジッパーに比べ、ビスロンファスナーは凍結時でも動かしやすく、強度的に優れています。」
という記述がありました。
低温に強くなったモデルになったということかな。
これは嬉しいですね。


●スライダー(ファスナーの開閉時につまむ取手部分)
以前のモデルより、手袋装着時でも握りやすいので操作しやすい形になっていますね。
IMG_1452.jpg





↓ブログランキングに参加しています。
応援してくれるととても嬉しいです☆
☆人気ブログランキングへ
☆ブログ村 登山