くじら岩のつぶやき

主に登山、クライミング、トレイルラン、山道具の自作などについて書かせていただいています。なにかの役に立っていただければ幸いです。youtubeはこちら https://www.youtube.com/channel/UCr5OmTs-MGMhtJKeINDXjAA

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.09.02-03 西穂高テント泊登山 その1

久々の北アルプス登山!
今年は西穂高にテント泊で行って参りました。

ho003.png

ho001.png

ho004.png

ho002.png

-------------
【場所】西穂高
【日時】2017年 9/2(土)-3(日)
【交通手段】マイカー→鍋平高原駐車場
【エスケープルート】引き返し
【日の出/日の入り】05:08/18:34  
【ルート】
1日目 鍋平高原駐車場→西穂高山荘
2日目 西穂高山荘→西穂高→西穂高山荘→鍋平高原駐車場
-------------

天気にも恵まれ雲海の上を歩く事が出来、
最高の山行でした。

西穂高は新穂高温泉からロープウェイで上がる事ができ、
山小屋まで1時間半ほどで着く事ができるため、アプローチがしやすいルートですが、
西穂高エリアは岩稜ルートで、それなりに技術が必要なので
今回はボルダー仲間3名で行ってきました。
ヘルメットは一人は持っていなかったので、西穂高山荘でレンタルしました。

下山してから知ったのですが、
長野県と長野県山岳遭難防止対策協会が山岳遭難事故を防止するため、
「信州 山のグレーディング」なるものを作成されているようです。
難易度をA〜Eまで、体力で1〜10に分けており
数字が大きくなるほど難しくなっていきます。
これによると西穂高(新穂高ロープウェイ)は「3D」とあり、かなり難度高めの設定がされていました。
近しいものだと前穂高岳(上高地→重太郎新道)が「4D」。

西穂高以外にもグレードが書かれているので
信州エリアの登山を考えていらっしゃる方は
参考にされるといいかもしれません。
※天気が変われば難度は大幅に変化しますので、
あくまでコンディションが一番いい時のもの
というふうに取った方がいいと思います。。



ついでに登山届けについて、
岐阜県の山岳遭難防止条例によると
平成28年12月1日から罰則規定を施行しており、
登山届を提出せず登山した者、虚偽の登山届を提出して登山した者は、
5万円以下の過料が科せられるそうです。

こういう条例ができるということは
それだけ登山届けを出さない人がいるということでしょうか?
ちょっと怖いですね。

その2へつづく



↓ブログランキングに参加しています。
応援してくれるととても嬉しいです☆
☆人気ブログランキングへ
☆ブログ村 登山
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。